MUP WEEK4【継続するために】

  • 2020年5月23日
  • 2020年5月26日
  • MUP
  • 105view
  • 0件

うさぎさんクラスでは入学してから一週間毎にWEEKLY動画が公開されます。
内容についてアウトプット していきたいと思います。

MUP WEEK4の内容

今回は「継続するために」です。
自分を変える前の心構えを学びました。

継続にモチベーションはいらない

成長の継続にモチベーションは邪魔です。
モチベーションに自分自身の成長が左右されてはいけません。

例えば勉強や仕事でよくモチベーションを上げようとか
モチベーションが下がったからやる気が出ないとか、よく聞きますね。

モチベーションなんて意識的に高い状態を保つのは難しいです。
頑張ろうと思っていても彼女に振られたり親に怒られたり財布を落としたり
外的要因で簡単に下がります。
特にビジネスの世界ではモチベーションは邪魔でしかありません。

モチベーション中心に動くのではなく
モチベーション関係なしに動けるようになりましょう。
そのためにセルフマネジメントは重要となります。

ではどういう形で継続すれば良いのでしょうか?
それは継続を仕組み化することです。
そこにモチベーションは必要ありません。

私も早起きを始めたのですが
モチベーションは関係なしに朝一で
食器洗ったり
ブログ書いたり
ツイートしたり
インスタ投稿したり
YouTubeの動画編集したり
全て眠くてモチベーション下がりまくった状態で動いてます。

自分の意識から面倒臭いということだけ考えないようにして
ロボットのように仕組み化されたスケジュールで動いてます。
このおかげで継続することができています。

ロボットのように何も考えず〜というのは良いか悪いかわかりませんが
モチベーションに左右されることなく動く事ができています。

自分の時間の確保

1日は誰にでも1秒も狂わずに平等である。ビルゲイツも、俺も。 by 竹花貴騎

この言葉はとても実感しました。
そして成功者の人ほど時間を大切に使ってる印象です。

自分自身の時間の使い方については真剣に考えるべきです。
ダラダラTV見たり夜遅くまで飲み歩いたり昼まで寝たり・・・
人生の貴重な時間を本当にその使い方をしていていいのですか?

継続するためのスケジュール

・スケジュールは予定を書き込むのではなく行動を書きます。
・タスク毎に制限時間を設ける。

例えば1日のスケジュールは
・机の前に向かう ➡️ 学ぶ時間
・カフェに行く  ➡️ 読書の時間
・ジムに行く   ➡️ 筋トレの時間
・台所に向かう  ➡️ 料理・食器洗う時間
など内容ではなく行動から考えます。
さらにタスク毎に時間を確保していきます。

そして時間を確保したら内容については
その時その時考えても問題ありません。

さらにタスク毎に制限時間を設けて、もしできなかったら空欄にする。
この空欄を減らしていくことがとても重要となります。

自分自身で作った行動予定表通りに動いて
なるべく時間内に予定を消化していけるように動きます。

ここにモチベーションは一切関係ありません。
自分自身で自分を動かしていくのです。
まさにセルフマネジメントですね。

タスクに緊急度・重要度をつける

そんな時間がないと言っている方へ

自分の1日の行動を洗い出して
緊急でなく重要でもないものを排除していって
自分自身の時間を確保する所から始めましょう。

そして緊急でないが重要なことに時間を振り分けていきましょう。
それが時間がないと言って今までできなかったことです。

生産可能時間と非生産時間

生産可能時間とは作業ができる状態の時間
非生産時間とは移動時間などの作業ができない時間
隙間時間を活用して非生産時間はどんどん排除していきましょう。

通勤時間は非生産時間ですが、できることもあります。
・メールのチェックや返信
・音声の学習教材など
・本を読む

そして気を付けなければいけないのが
隙間時間で終わらせることができるタスクは
積極的に活用して終わらせていきましょう。

移動時間等ではできない作業にしっかり時間を使いましょう。

私も隙間時間でタスクがこなせるように自分自身のタスクを細分化しています。
例えば30分空いたらこのタスクができるとか1時間の場合とか
長くても1時間以内に終わるように細分化していると隙間時間に当てやすいです。
もし良かったらお試しください。

おわりに

今回は継続するために必要なことが詰め込まれていました。
私も三日坊主なので継続することは苦手でしたし、
継続にはモチベーションが必須だと思い込んでいました。

継続も効率よく仕組み化すれば無理なく進んでいけることに
気付いてからなんとか今も続けています。

そして学んだら必ず発信していきます。
継続と発信のサイクルを回すことで効率よく成長することができます。
アウトプット するまでがインプットです。

作業量は人それぞれですが、焦らず自分のペースで継続していきましょう。
少しでも良いので毎日続けていくことが大事です。
一緒に頑張っていきましょう。

最後まで見て頂きありがとうございました。

MUPうさぎさんクラスに入学されたい方

もし興味を持って頂いた方は以下のフォームから入学できます。
➡️MUP 入学フォーム

「紹介ID」「個人情報」を入力して
「カード情報」を入力すれば簡単に入学できます。

紹介ID「sarukan8」

登録が終わりましたら以下のログインページからアクセスできます。
➡️ログインページ

うさぎクラスで学び狂いましょう!